このページのURLを短縮する

金魚FAQ

質問:金魚すくいで金魚を持ち帰ってきたのですが?どうすればいい?

回答

これがきっかけになって金魚飼育にはまってしまうと言う事が良くあるのでは無いでしょうか?

飼育する方法としては別のページに書いていますので、ここではそれ迄の対処を書きます。

まずすぐに容器を用意します。容器ですが、エアーポンプを持っていない場合には極力大きな容器(水が沢山入る容器)で間口が大きい(空気と触れる面積が広い)容器が良いでしょう。水は多い方が水質の悪化が早まらなくて良いですし、間口が大きければ大きいほど、水中に溶け込む酸素の量が多くなりますので、酸欠になりにくくなります。

容器を用意したら、水を用意します。水ですが急に金魚がやってきた場合には、中和剤がないと思いますが、出来るだけ購入するようにしましょう。水道水に入れるとまず死んでしまうでしょう。ハイポであれば、100円程度でしばらく使えるぐらいは購入できると思います。中和剤が用意できない場合には中和剤が無い時の対応方法を参考にして、塩素の入っていない水を作ります。

その後、金魚を入れる水の水温が室温と大きく違わない様にお湯を足す等してある程度の水温をあわせます。

そして、金魚の入っている袋を水に30分程度浮かばせて、水温をあわせましょう。

その後、飼育水を袋の中に2割程度入れる、15分程度そのままと言う事を数回繰り返して、水あわせ(水質をあわせる)をしましょう。

水あわせが出来たら、袋の水ごと金魚を容器に移しましょう。

あわてて餌をあげたくなると思いますが、ぐっと我慢して3日程度は餌をあげないようにしてください。あわてて餌をあげると失敗します。必ず絶食させてください。



容器が小さかったり魚の数が多かったりすると、酸素不足で水面に口を出してパクパクし始めます、最悪は死んでしまいますので、大きな容器に移動したり、エアーポンプを購入されたりして、出来るだけ早く酸素不足を解消してあげましょう。







トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-01-18 (月) 13:40:01 (2621d)