このページのURLを短縮する

金魚FAQ

質問:食塩浴ってなに??

回答

食塩浴は病気の治療の時に良く使う方法で、飼育水に一定濃度の食塩を溶かす方法です。

個人的には、病気かな?と思ったら、まず水換え+食塩浴(濃度0.6%)を実施する様にしています。

食塩浴に関しては、カビ等の一部の病気以外には直接の効果があまり無いと思います。どちらかと言うと水と金魚の体の浸透圧を低くして、金魚の体力低下を抑える目的で使用していると思います。(間違えていたら指摘してください。)

使用する食塩ですが、味塩の様な人工的に何かを付加しているものではなく、塩化ナトリウム99.9%とかの安いのでいいと思います。良く岩塩が良かったり、あら塩がいいと聞きますが、個人的に実践した事が無いので良く分かりません。興味があったら掲示板等で聞いてみると良いでしょう。

また、濃度ですが、0.5%〜0.7%の間の濃度が長期間浴としては良いと思います。個人的には、0.6%を使用しています。0.6%とは水1リットルに対して6グラムの食塩を溶かします。60センチ水槽だと水が57リットル前後入りますので、300グラム以上とかなりの量になりますが、大丈夫です。最初は心配になると思います。弱りきっている金魚に使用する場合には、徐々に溶かしてあげると負担が軽くなるかなと思います。







トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-01-18 (月) 13:40:01 (2621d)