このページのURLを短縮する

金魚の飼い方

濾過の立ち上げ(作り方)

色々方法があると思いますが、一例になります

水槽を新しく設置すれとほぼバクテリアが0からのスタートになり、物理濾過のみです
この状態では金魚が排泄したアンモニア等が分解されず残ります
それを薄める(不要物を捨てる)為に水換えする事になります
最初からたくさんの金魚を入れてしまうと水換えのタイミングや量がかなり多くなり飼育が大変だったり病気にしてしまう可能性が高くなると思います

なので、最初は少なく飼育しながらバクテリアを増やしある程度増えた所で金魚を増やした方がいいでしょう

よく飼育本には水だけを入れて空で濾過を動かしましょうと書いてありますが、バクテリアも餌がないと増えにくいですので効果は薄いと思います

私はパイロットフィッシュを使う方法をお勧めします
本来は強めの魚を1匹入れるのですが、欲しくない魚は後々じゃまになりかねませんので私は飼育予定の品種の中で体質的に強いのを1匹飼育するのをお勧めします

導入については別の機会になきますが、パイロットフィッシュを飼いながらバクテリアを増やします
バクテリアが増えるまでは早め早めに水換えが必要です
水質の状態を見ながら水換えしていきます
水質が悪化してくると以下の状況になる事が多いので目安の一つななると思います

  • 水面の泡が消えにくい
  • 水が白く濁る
  • 水の臭いが生臭い
  • 金魚があまり動かない

バクテリアが増えるまでは餌はかなり少なめにしましょう
通常は1ヶ月ぐらいである程度バクテリアが増えると思います。だんだん水質が悪化する間隔が長くなると思います

ある程度水質が安定してきたら金魚を増やせると思います
可能でしたら一気に増やさないで少しずつ増やすといいかなと思います

またバクテリアの元は売っていますが、私は使いません
何種類か使ってみましたが、効果が有った様ななかった様なと言う感じでした
バクテリアが長期間ビンの中で減らないで保存できるのかも疑問ですし..
放って置いても勝手に増えますので、効果な不透明な投資はやめました
ただ否定はしませんので、興味のある人は使ってみるといいかも、知れません。
(有効な物もある様です)






トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-01-18 (月) 13:40:02 (2771d)