このページのURLを短縮する

金魚の飼い方
金魚の飼い方/濾過装置の種類

底面濾過装置

底面濾過装置は名前の通り水槽な底面に設置して使用するタイプの濾過装置です
また構造が簡単だからか60センチ水槽様で1000円強ぐらいで購入できると思います
すのこの様な形状をした薄くて四角い中が空洞の箱に水を汲み上げる為のダクトが角に1つついています

水の汲み上げは水槽外にポンプを置いてダクトのそこにエアーを入れて空気と一緒に水を動かすか、ダクトに水中ポンプを付けて使用します
こね濾過装置を使用する場合は砂利を必ず使用する必要があります。砂利を濾材として利用する為です

砂利は最低5センチ、できれば、10センチは敷きましょう
設置は水槽底面にすのこの様な本体を置きます
その上に砂利を敷くだけです

基本的には物理濾過機能はなく、砂利を濾材にした生物濾過のみです

糞等が砂利の上等に見えますので気になる方は別途物理濾過機能を追加されるといいかなと思います

かなり単純ですが、大量の砂利を濾材に利用するので濾過能力はかなり高いです
ただし濾材の掃除は水槽をリセットする事になりますので、メンテナンス性は良くないです
一般的には、半年に一回ぐらいの目処で大掃除する様です。
(私は水換えの時に砂利の中を掃除する事にしていますので、定期的にはリセットしていません)






トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-01-18 (月) 13:40:02 (2884d)