このページのURLを短縮する

金魚用語辞典

ふりがな

  • しゅぶんきん

解説

  • 金魚の種類です。
  • 三色出目金と和金の交配により作出されました。
  • 尾は長目のフナ尾で、体色はキャリコ柄です。
  • 四つ尾の朱文金は「オーロラ」と呼ばれています。
  • 明治25年、初代秋山吉五郎氏が三色出目金、鮒尾和金、緋鮒の雌雄三種交配によって作出した金魚に明治33年、農商務省水産講習所長であった松原新之助氏が名付けた金魚。発表は明治35年。(TK)
  • 体型は鉄魚に似た流線型の和金形。尾は後方に長くのびる。鱗はモザイク透明鱗で体色は雑色。(TK)

私的意見

関連リンク






トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-01-18 (月) 13:40:04 (2771d)